FC2ブログ
2015/09/28

新橋の手コキ店 ゴールドハンズ まや 2回目

リニューアル後に遠のいていたゴールドハンズに1か月ほど前に行ってきました。
久しぶりにホームページの真ん中に表示されている”まや”さんに入ってきました。
電話予約して、近くのレンタルルームにシャワー付きできれいになったが、2000円ちょっとだった思います。

まやさんが入ってきたときに、少し切れ目ですが、とっても会話しやすく少し派手めのギャルって感じです。
「久しぶりですね」「今日は涼しいですね」たわいもない会話をしながら準備
「なに勝手に全部脱いでるの?」と乳首をさわってきます
「あれ、なんでもう大きくなってるの。エッチ」
「今日は何日分溜まってるの」 
「3日です」
「結構たまってるね。前も手コキでいかされたの?自分でしごいたの?」
「自分で」
「ふーん。エッチなDVD見て自分でしごいたんだ。今日はまやがいっぱい気持ちよくさせるよ」
と手コキが始まります

「かちかちだよ。太いね。まやの手でしごかれて気持ちいいんだ」
「さっきから、まやのおっぱいばっかり見てエッチ」
「あれ、カリ首気持ちいいの。すごいひっかかる」
「すぽっ。すぽっ。ってまやの手にひっかかってるよ」
「これはどうかな」ってすごい高速でカリと亀頭を手コキされて
「びくびくしてるよ。気持ちいの?」
「変態だな。若い子に亀頭を手コキされて気持ちいいなんて」
「いっぱいいじめてあげるからね」
「亀頭もすきなんだあー」
「いっぱいさわっちゃお」
と、亀頭とかりを中心に手コキですでにカチカチの状態です。

「いっぱいさきっぽから、いやらしい汁でてるよ」
「まやの手にいっぱいついて、ローションいらないね」
「じゃあ。よつんばになって」
「丸見えだよ。なにおしりあなひくひくさせてるの」
とおちんちんを後ろに引っ張り、睾丸をマッサージしてきます。
「大好きな亀頭もぐりぐりしてあげる」
「手のひらで亀頭ぐりぐりされて、エッチな汁いっぱい出てきてるよ」
「おしり突き出して」
「こんなのも気持ちいなんて、ほんとドMだね」

「じゃあ。まやの前に立って」
「なんでちんちん上向いてるの」
「すごい亀頭ぴかぴかじゃん」
「もっと磨くからね」
「女の子の前で、亀頭いじられて気持ちいい?」
「どうしたの。まっすぐ立ってない」と笑顔でいじめてきます。
足ががくがくして、立ってられないと
「しょうがないなあ。もっといじめたかったのに。仰向けになっていいよ」

「ローションいっぱいでぐちゅぐちゅにしてあげる」
「すごーい。ぐちゅぐちゅまやの手まんこ気持ちい?」
「ずぽずぽ入ってるよ」
「亀頭好きだから、こっちも責めてあげる」
「またぁー、まやのおっぱい見て、いっぱいエッチな想像してるんだあ」
「あっいきそうです」
「まだだよ。」と亀頭のみの責めをして微笑んできます
「いかせてください」と答えると
「まやに行かせてほしいの?」
「いいよ。いっぱいいかせてあげる」
と根元を抑えながら、手コキをカリを集中てきにせめてきます

「いきそうです」というと
「まやの手のなかにいっぱいだして」
「すごい太い。カチカチ」
「いきそう。いくっ。いくっ」とついに射精
「すごーい。いっぱいどくどく出ている」
「まやの手にべっとりついている」
と、手コキをやめません
「いっちゃった」というと
「うん。」といいながらも、笑顔で手コキをづづけてきます
「くすぐったい?もういけないの?」
「がんばるね。じゃあ。」と
「精子で亀頭ぐりぐりしてあげる」
思わず
「だめ。くすぐった」
「本当にやめていいの?」
「はい。」って言ってしまった。

「すごい亀頭好きなんだね」「潮は吹けなかったけど、吹いたことあるの?」
「はい。」
「今度は容赦なく責めないとね」

とすごく充実した時間で気持ち良かったです。
残念のことに、今度またちかくに突撃しようとしたら、退店していました。
1年ですごく上手になっていたのでとても残念です。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2015/08/13

新橋の手コキ店 ゴールドハンズ さき

最近は行ったわけではないが、少し前の体験の投稿です。

さきさんは少しぽっちゃりの顔は綺麗系で少しきつい感じがある女の子です。
人見知りをするのか最初は少し緊張した感じですが、すぐに打ち解け始めます。

「今日は50分コースですね」 「してほしいこととかあったらいってくださいね」
「まずは服を脱いで腰を掛けてください」
服を脱ぎ始めると、彼女もブラ水着になって準備完了。

「今日は何回くらい出したいの?」
「はい。一回かなあ。2回はなかなか時間的に難しいから」
「じゃあ。時間いっぱい我慢しなといけないね」
と、さわさわをおちんちんを触ってきます。
「乳首も感じるんだよね」と乳首を触ってきます。

「あれ。もうこんなにギンギンになってるよ」
「はやくない。何日分の精子たまってるの?」
「4日間です」
「結構たまってるね。濃いのがでるかなあ」

「先端の方はかんじるの?」
「感じるというか、くすぐったいというか」
「ふーん」と言いながら、手コキから、亀頭をぐちゅぐちゅと責めてきます。

「あれ、先っぽから何かたくさん出てくるんですけど」
「こんなのが気持ちいいの?変態だね」
「自分の格好見て恥ずかしくないの。こんな格好で汁たらして」
だんだん興奮してきて
「亀頭をもっといじめてください」っていうと
「変態。これが気持ちいなんて。」と亀頭を握って上下に小さく動かしてきます。
「うっ。気持ちい」
「あっ。やばい」
「なにが?」
「何かでそうです。おしっこ出そうな感じです」前潮なのかと思っていると
「やめないよ。早く出しなさいよ。見ててあげるから」
「うー。出そうです。」と言うと、さらに激しく手コキしながらタオルの準備をしています。
「あっ。出る。」というと潮を吹き始めると
「変態。女の子に手コキされて、潮吹くなんて。もっと出るんでしょ」
と亀頭攻めをされるとすでに始まって20分でぐったりです。
「もう出ないの?これでおしまいなの?」
「はい。もう出ないと思います」

普通のモードに戻って
「めずらしいね。射精後に潮吹く人はたまにいるけど、その前に吹く人は少ないから」
このころから射精前に潮を吹くようになったように思う。

「まだまだ時間があるから責めていくね」
「仰向けになって」
手コキと乳首責めをされながらまたまたギンギンにされると
「元気になってきたね」
「これから20分我慢できるかなあ」
と手コキしながらの乳首責めで
「あー。気持ちいです」
「まだまだいったらだめだよ」
と手コキをはやくしごいたり、すこしゆっくりしたりと高めてきます。
「結構我慢できるね。」と言ったころには、射精感が少し出てきて
「すごーい。固いね。先っぽも真っ赤だよ。」
遂に射精したくなり「あっ。いきそうになってきました。」
「まだ10分も残ってるよ。勝手にいったらだめだよ」
少し我慢して、いきそうになってると。
「ちゃんといわないとだめって言ったのに、黙っていこうとした?」

「太もも抱えて。」と言われ抱えると、
「もっと。足を頭の方に来るように抱えて」
というと、

ちんぐり返しの状態に体を押されて元に戻れないように足でおしりを抑えられて
「これで射精したらどうなるのかな」
「自分の精子顔にかけるなんて。変態だよね」
と手コキを本格的にしてきて
「こんな格好で若い女の子に手コキされて、射精するなんて本当に変態」
「自分の精子受け止めなさい」
「だめ。出そうです」
「いいよ。いっぱい出して。飛ばしてよ」
「うっー。いく。いく。」と射精が始まり
「だめだね。全然飛んでないし」
とさきさんの手に精子がまとまりついています。
「次はちゃんと精子飛ばさないと駄目だよ」

ここでふつうモードにもどり
「おつかれ。気持ちよかった。いっぱい濃いのが出たね」
「ちょっと冷たいけど拭いていきますね」

と時間が終わり濃厚な50分の手コキプレイでした。

終わった後にこの状態で射精後攻めされたらどんな感じなんだろうと思った変態でした。




2015/05/21

新橋の手コキ店 ゴールドハンズ のぞみ

今回は、新橋のゴールドハンズへ。

天然系のかわいらしさと、亀頭責めが得意な嬢をえらびました。
このお店オプションでストッキングがあるのですが、この子は得意とのことでつけてみました。

部屋に入るといかにも責めるのが好きな感じの小柄な女性でした。
服を脱いで話していると
「今日は何回行きたい。時間いっぱいの攻めの一回と、ノンストップ2回」
「何日たまってるの」
とのこと
「1回で、3日間です」と答えると
「3日前は自分でしたの?それとも風俗、セフレとか?」などいろんなエッチな質問をされました。

服が脱ぎ終わると、いよいよ手コキ開始
とっても上手ですぐにビンビンに。
「早いね。じゃあ亀頭責めいくよ」と手でゴリゴリを亀頭をなでたり、握ったりしてきます。
「へー結構がまんできるんだあ」
「これはどうかなあー」と早くもストッキング投入。

「ストッキングにローションをつけるよ。これでこすられるとおしっこ出しちゃう人もいるんだよね。」
と、ストッキングで亀頭をこすられます。ぴんと張ったストッキングを前後、左右に動かられるとくすぐられている感じに
「結構強いね」 じゃあ。これはどうかなあ

ストッキングを亀頭にかぶせて、左右をシーソーみたいに上下されて、亀頭の上でストッキングがすごいスピードで
動いて、さすがにおちんちんがなえてくると。
「だめだなあ。」と手コキをして、また勃起状態
「もう一回行くよ。」とストッキングを思いっきり早く動かします。
「だめだめだめーと」さけんでも、やめてもらえません。
でも、だんだん気持ちよくなってきて、硬くなると

「すごい。これで大きくなる人めったにいないのに」
「お兄さん亀頭強いね」とお褒めの言葉を。

かなりの時間を使ったので、いよいよ手コキで射精に向けて
「いいよ、気持ちよくなって」
「大きくなってきた。たまたまが上がってるよ」

射精したい欲求が出てくるが、途中で亀頭背めをいれられるので、
いきそうで、いけない状態で時間が近づいてきた
「そろそろいこうか」って手コキをおこないついに 射精。

射精後攻めをお願いし、3分くらい射精後責めをされましたが、
残念ながら男の潮吹きはできなかったです。

最後に「亀頭コントロールできるなんてすごいね」といわれてうれしかったです。
2015/05/21

新橋の手コキ店 ゴールドハンズ さくら

今回は新橋のゴールドハンズへ。

小柄なかわいらしい女性を選びました。
彼女は何度か遊んだことがあって、特別かわいい感じでないが、プレイの相性がいいです。

久しぶりにあったので、「うれしい。また来てくれて」
「今日は何日分たまってるの」
「4日です」
「結構たまってるね。今日は何回出せそう」

「1回でお願いします」
「じゃあ、時間いっぱい責めちゃうよ」

プレイ開始です。耳に息をかけてきたり、足を太ももの上において
「重くない?」「私もビンビンのちんぽ見てたら興奮してきちゃった」

「乳首攻めてもいい」「すごーい。こりこりになってる」
「おちんちんも一緒に動いているよ。気持ちいいの」
と優しい感じでエッチな言葉を畳み掛けてきます。

「私でこんなに気持ちよくなってくれるなんてとってもうれしい」
手をオナホールみたいにして
「今から入れるよ。ぐちゅぐちゅの手マンコに」
「入ってるよ。どう気持ちい?」
「すごい、血管が出てるよ。ズボズボ入ってるよ」

しばらく手コキをされて。
「体制辛くない」と、ここで座っている状態から仰向けに。

「今度はカリ首を責めちゃおかなあ」
「すごいひっかかる。おちんちん。真っ赤で、すごいひっかかる」
「気持ちいい」

「そろそろ出したくなってきた」というと
「まだ10分あるから、これから寸止めだね」
「5分前まで出したら駄目だよ」と寸止めをされて
「いいよ。思いっきり出して。濃い精子いっぱいだしてね」

1分もしないで射精したくなって、「出そうです」
「がんばったね。いっぱい出してね。」 と遂に射精。

「いっぱい出たね。ちょっと拭くから待ってね。」
「すっきりした?」
「はい」
「うれしい。今日はオナニーしなくてもいいね」

こんな子がお店で働くのかあという感じで、田舎の女の子という感じです。

2015/05/21

新橋の手コキ店 ゴールドハンズ ゆき

今回も新橋のゴールドハンズへ。

スペシャリストと呼ばれる嬢に入ってきました。
写真で見るより小柄できびきびしたOLって感じでした。

とても冷たい感じですが、プレイはプロ級でした。

部屋に入ってきて、軽く明るく話すのかと思うと
「よくお店には来るんですか?」 「10回くらいあります」と答えると
「ふーん。今日はどんなことされたいの。Mだよね」
「はい。」

「服を抜いて、ここに立って」 服を脱いでパンツを脱いで立つと
「少し大きくなってるけど、完全に包茎じゃん」
「皮オナニーばっかりしてるから、皮がのびてるんだろ」
といきなり言葉責め、まだ直立不動で立ってると

「気持ち悪い、皮がこんなに伸びるー」
「おいおい、何か先から出てるじゃない」
「ドMだなあ。こんなにバカにされて、なに立ってるの」
といきなり乳首をつままれて
「うっ」といいながら、ちんぽがビクッとなったら
「これも気持ちいいの。へんたい。これはどうなの」
と乳首を責められ、ちんぽが何度か動いて、先走り汁がたれだすと
「気持ち悪いからベットにあおむけね」

いよいよ皮をむかれ、中が結構濡れていると、
「汚い汁でぐちゃぐちゃ」 「これで手コキしてやるよ」
亀頭をいきなり触れて、少し体をねじってよけてしまったら
「これが気持ちいいんだー」と
亀頭を手のひらでぐりぐりされてしまいました。

気持ちよくで、かつ、くすぐられてる感じになるのは初めて
「すいません。潮吹いてしまいます」
「男のくせに潮吹くの?」といいながら手はしっかり亀頭を握ってます。

「なんか出そう」 一切反応なし
「でちゃいます」 反応なしで、さらにしごき続けて
ぴゅーっと潮を吹いてしまいました。その間も亀頭攻めを辞めずに
「もう出ないの。なさけない。包茎で亀頭かぶってるから弱いんじゃない」
「鍛えてあげる」と亀頭と手コキを開始。
男の潮吹きを射精後ではなく、前潮を経験。

5分もしないで、「いきそうです。」 
「もう出したくなるなんてまだまだだね」
「いきそうです。いっちゃいます。」
「全然飛ばないじゃん。だめちんだね。」
「あれ、もういったんですけど」

「誰が手コキやめるって言った。まだ出せるだろ」
「いえもう」「だめな包茎ちんぽだなあ」
と2分くらい手コキしてやっとあきらめてもらえました。

60分とか90分彼女とプレイしたらどうなるんだろうと思いながら
プレイ後は礼儀正しい女性として別れました。