FC2ブログ
2015/06/19

パンスト亀頭責め。ガーゼ亀頭責め

今回はパンスト亀頭責めについて書いていきます。

まずパンスト亀頭責めは普通の方は経験ないかもしれませんが、
亀頭にかぶせたり、滑らせたりして手とは違う感覚を楽しむプレイです。

- パンストを15センチくらいカットして持ちやすい状態に。
- 初めてはローション多めで。
- 亀頭にパンストをかぶせ、手コキでまずは馴染ませる。勃起状態に。
- パンストを両手で持って、少し伸ばして亀頭にフィットさせる。
- その状態で左右にゆっくりと動かします。これで悶絶する人が多いです。
- 勃起した状態で、パンストを少し下に引っ張って伸びる感じで動かす。(なので勃起状態)
- ゆっくりとかつ端から端までく左右あるいは前後に大きく動かす。

だいたいこれで、慣れた人でも「うー。やばい。くすぐったいような我慢できない感覚」
手足を拘束して逃げれないようにしないと、手が出て止めてしまうので拘束はした方がいい。
慣れないうちは、動かせる頭を左右や腹筋しているように上半身を浮かせたり
足をつっぱりとしますが、できる限り力を抜くよう努力してください。

上記で我慢できるようになったら、(我慢できなくてもね)
- 勃起状態で、尿道口にパンストをピント張って、小さく左右に動かす。
- 裏筋にパンストを少し斜めにセットし、ピント張って、大きく左右に動かす。
‐ これで気持ちいい箇所を嬢に伝えて、もっと激しくしてもらうといい。

どうしても我慢できない人には
- M字で手と足を拘束する。或いは大の字でベットに固定。
‐ 上記のプレイをしたら、我慢できず、ふにゃふにゃになる人は、手コキで寸止め近くまで持っていく。
‐ 寸止めからの亀頭パンスト攻めで、ゆっくりではなく、高速でパンスト責めをしてもらう。
- パンストを勃起したちんぽに被せ、両手でパンストを下に引っ張ってテント状態に
‐ 上下に高速に動かしてもらう。右手を下げたら、左手は少し上げる。
‐ これだとかなり高速に動かせて勃起している間はすごい速さで動かすことができる。

限界を超えると、人間は少し感覚が鈍感になるので
寸止め-> パンスト高速責め ->手コキ -> 寸止め -> 高速パンスト責め
これで、いきそうでいけないでも気持ちいが継続できます。

勃起が弱い方は、コックリングか、睾丸と根元を縄で縛ると勃起状態が維持できるので
それで寸止めパンスト亀頭責めされると、腰を勝手に振って悶絶しているかもしれません。

プレイの仕方は同じですがガーゼでも少しざらついた感覚なのでさらに刺激が強いですが
弾力性が違うので、吸い付き具合が違うので、好みでお願いするがいいと思います。

最後に嬢によっては、勃起していないちんぽに亀頭責めする嬢がいたり、悶絶したりすると「大丈夫」と聞いている
嬢もいるので次のことを伝えるといいかもしれません。

- 勃起した状態で亀頭責めしてください。
- 寸止めから、パンスト亀頭責めも後半してください。
- 「ダメ。やめて。もう無理。」って言ったら、高速でさらに強く責めてください。
- 勇気ある方は、いった後の直後責めでパンスト亀頭責めを

プレイは80分とか100分にした方が普段とは違う感覚を味わえると思います。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2015/06/14

亀頭責めについて

亀頭責めについて自分が経験したことを書いてみます。

亀頭責めとは
- 亀頭を手やパンストを使って擦ったり、握ったりする。
- 初めはくすぐったかったりしますが、慣れてくるとしびれる感覚になる。
- いきそうでいけないドライな感じでもんぜつする。
- 相性がいいと、空打ちの感じでパクパクする。

亀頭責めを気持ちよくなるには(手で)
- 亀頭を手でローションをつけて、ゆっくり手コキ
- 慣れてくると少ない量やオイルなどで刺激を調整
- 先端やカリ付近の気持ちいい場所を攻めてもらう。
- 慣れてくると、亀頭をマニュアルの車のシフトレバーを握り
 尿道口の上に中指を置いて、指を一本ずつ左右にずらして動かす。
‐ 亀頭全体を牛の乳搾りみたいに握って押し出す感じにする。
‐手のひらを手首側に亀頭を置いて、指先まで亀頭すべらしていく。
‐手のひらの真ん中を尿道にあてて、少し手を丸めた状態で素早く、細かく前後左右に円を描くように動かす。

少し萎えてきたら、手コキをして、硬くする。硬い状態で亀頭責めされたほうが気持ちいいです。ただし射精しないように注意。

以上が気持ちよくなってきたら、次はパンストなど試してみるといいです。
パンスト責めについてまだ後日掲載します。


2015/06/14

もしもし亀よ亀さんよ 2 みさき

前回から少し時間がたったので再度訪問してみたのが、五反田にあるもしもし亀よかめさんよ。
前回とは違う嬢に入ってみようという事で突撃。

年齢は40歳くらいの女性が相手となりました。
2回目という事を伝えると、大の字をやってみようかという提案。前から気になっていたのでもちろんやってみたいです。
準備をしている間に、まずはシャワーを一人で浴びてきます。

シャワーから出るとベットには拘束具が、両手、両足を拘束されます。
多少は動きが取れますが、大の字なので無防備に体をさらした状態です。
で、いざプレイスタート。

ますは、リンパマッサージということで、足から股のところまでをゆっくりを押してほぐしてきます。
これが何とも言えず、気持ちい感じで、少しあそこが硬くなっていると
「あらっ。まだ何も触ってないので元気なのね」
「はい。気持ちいいので」って答えると
「これからもっと気持ちいことしてあげるからね」といわれ、あそこが反応。

「次は睾丸マッサージねと」 小さな縄をだして、ちんぽと睾丸を縛ってきます。
もうこのときはギンギンになっていて、
「ギンギンだと少し縛りにくいのよね」と笑われてしまいます。

まずは睾丸にオイルを塗って、すべすべと転がされたりして、
「うっ。もっと触ってほしい」と心の中でささやきながら、数分くらい睾丸を兎に角マッサージ

「じゃあ。そろそろ亀頭さわっていこうかな」
いよいよ、拘束されているので、少しアダルトビデオとかで見る、がまんできなくなるくらい
責められてみたいという衝動にかられながら亀頭責め開始

まずは、ゆっくりと亀頭を撫でまわしたり、ぐにゅっと握ったりしてきます。
だいぶ鍛えられたのか、とっても気持ちいというか、我慢できるくすぐったさみたいな感じが続きます。
亀頭や尿道口に指を一本一本ずらしながら、ピアノを弾くような感じで先端を責められると
「うっ。気持ちい」といいうと、またゆっくりと責めてきます。

気持ちい攻めが10分以上続いてると、自分の中でプレイ前に想像したのとは違って
気持ちいプレイで、拘束されて容赦なく責められるというのを勝手に想像していたので
期待と違うという事で少しプレイに集中できなくなってしまってきました。

嬢に、寸止めからの亀頭責めやパンストが好きと言ったのですが、どうも気持ちいいプレイを目指している
ので、少し大きくなると亀頭責めで、また手コキと気持ちいプレイを押してきます。パンストも少しゆっくりとされたので、気持ちよさとくすぐったさで終わってしまい。しびれる感覚や、腰が勝手に動いてしまうほどには到達できなかったです。

パンストはあまり得意ではないのか、反応を見てなのか、5分くらいでやめてしまい。またまた手での亀頭責めです。
とっても気持ちよかったのですが、時間が来てしまい、手コキと亀頭攻めを交互にされながら射精に至りました。
少し拘束プレイに期待しすぎたのか、気持ちいいプレイということで60点ってところで終わりました。

次はどこかの店で、拘束されて時間いっぱい悶絶するほど亀頭攻めをされて、Give Upをしても容赦なく
責められ筋肉痛になるくらいやられてみたい。けどそんなお店はなかなか出会えないなあと思いながら
ホテルを出ました。
2015/06/07

亀頭責め専門店 アンジェリーク のぞみ

今回も五反田のアンジェリーク。ホームページで出勤表が出てきたと思っていたら、なんだか6月から80分が13000円から16000円に大幅値上げらいい。との事で値上げ前に遊ぼうと行ってきました。

今回は夜に年配の女性に入ってきました。Home Pageの写真とは少し印象が違って、
今までの女性にしたほうがよかったかなあと思いつつも、プレイ主体なのでシャワーを浴びて準備。

ベットに仰向けに寝ると、紐で睾丸と根元を縛られます。すでにこの時に硬くなって勃起していると
「こんなにギンギンにして、どうしてほしいの」と
オイルをつけての、亀頭マッサージの開始。手でぐりぐりを撫でまわしたり、カリをきゅっきゅみがいたりしてきます。
「気持ちいい。」って腰を動かすと、
「こんなので気持ちいいんだ。これからもっと気持ちよくするよ」と

15分くらい、亀頭を兎に角、手ですべらしてマッサージしている間、
今までの嬢と違って、腰が少し動いてしまうくらいの刺激を手のみであたえているので
何が違うんだろうと思いながら、何度も腰を動かすと「リラックスしてと」

性感が高まったのか、いよいよストッキング責めです。
ローションをつけて、亀頭にかぶせてきます。
「はじめるよ。」との声で、左右にまずはゆっくりを動かしてきます。
「うっ。やばい」と足を突っ張ると「リラックスして」と言われますが、できないです。

ゆっくり、ゆっくりを左右に動かしては、少し萎えると。
手コキで復活させて、かちかちに。そうすると、またまたストッキング責め。
これを10分くらいされると、おちんちんがしびれてきます。
やはりカチカチの状態で、亀頭を責められたほうが気持ちいからです。

「そろそろいくよ」との声で、激しく動かしてきます。
「あー。だめー。」と足を突っ張り、首を振って耐えますが
「力抜いて」いえいえ抜けないですよ。

ゆっくりとした亀頭責めに戻り、再度「これはどうかなあー」
ストッキングをかぶせて、上下にゆっくりと動かしてきます。
高速で動かされると、途中から感覚が限度を超えてわからなくなるんだけど、
彼女の場合は、そこに行く寸前のゆっくりとでも刺激的な感じでストッキンを動かすので、
「もうだめ。だめ。だめ」とめずらしくGive Up
「本当にやめていいの」
「はい。やめてー」
とストッキング攻めを辞めてもらいました。

手コキにもどり、亀頭責めと寸止めで、時間いっぱい責められた後に手コキで抜かれました。

今度は泣き叫んでも亀頭責めされ続けるプレイをしたいと思いながら帰りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。